●都電トップページ  ●車両  ●架線柱  ●その他  ●ryodan.com 



トローリーバス架線柱

東京都豊島区上池袋2〜3丁目 明治通り




保存場所 東京都豊島区上池袋2〜3丁目
状態 良好。塗装、剥がれ。
架線柱形式 鉄柱 甘食型
再利用 電柱


トローリーバス架線柱
この写真は、東京都豊島区上池袋3丁目の、都バス「上池袋3丁目停留所」です。停留所に、ズドンとたっているのが、元トローリーバスの架線柱です。

トローリーバスの正式名称は無軌条電車です。
「線路の無いところを走る電車」という意味です。
バスのようですが、とりあえず電車です。道路の上に電気の架線を張巡らしてそこから電気を集電し、モーターで動いたのです。電気で走ったバスです。トヨタのプリウス(電気とガソリンで動くいわゆるエコロジーな車)なんかぶっとびの交通機関だったのです。

東京は、トローリーバスを1952年5月に開業しています。この架線柱が残る、東京都豊島区上池袋2〜3丁目の区間は1957年開設されています。今も残る架線柱は、おそらく、開設当時の架線柱と思われます。
路線は、今井〜品川の区間、明治通りをぐるり50キロメートルも走る長いものでした。
廃止は1968年3月30日。
廃止理由は車の邪魔・機動性におとる・スピードが遅い・車両の痛みが早いなど。

バスの長所と、電車の長所を合わせ持つ交通機関となるべく開設されましたが、バスの短所と、電車の短所を引き継いでしまったとも言われています。

しかし、排気ガス問題が注目をあつめる今、研究、活用する余地がまだまだあった気がします。


設置年
廃線年
公開 公開
所有者
備考

●都電トップページ  ●車両  ●架線柱  ●その他  ●ryodan.com