●都電トップページ  ●車両  ●架線柱  ●その他  ●ryodan.com 



車両5011号

貴重な5000型車両。オリジナル色です。




保存場所 幼稚園問題研究所 東京都田無市本町3-7-32
状態 良好
車両形式 改造5000形


車両5011号画像
1997年の冬、雪が降る中、この車両を尋ねに行きました。
5011号は、ちょっとした裏路地の中にあります。近くに神社があって、そこから、細い路地を入ってすぐ、パッと明るい、都電の黄色い屋根が見えました。鮮烈な黄色の車体に、真白な雪がハラハラと、ゆっくりと、積もっていくさまは、とても美しかったです。

この車両は比較的良好に手入れをしてもらっています。
定期的に、オリジナルの色を再現した塗料で、塗装しなおしているそうです。車両の中は、教室として、きちんと再利用されています。幸福な車両です。

堅固なイメージのある車両ですが、ポツポツと出ているリベットの頭が、かわいいです。

製造所が、文献によって、日本車両と、都交通局工場と2つの説があります。?。

製造当初は、3扉車でしたが、1960年に2扉に改造されました。

今は住宅街の真ん中で静かに体を横たえています。


製造年 1930年
廃車年 1968年1月20日
製造所
公開 要許可。原則非公開。
屋根
設置場所 コンクリート土台
台車
備考 新宿歴史博物館に保存されている5000形車両は一部に5000形の部品が利用されていますが、ほとんどの部分がレプリカですので、この5011号が唯一残った5000形車両です。

●都電トップページ  ●車両  ●架線柱  ●その他  ●ryodan.com