●都電トップページ  ●車両  ●架線柱  ●その他  ●ryodan.com 



車両7022号

幼稚園のとなりで、余生を過ごしています。




保存場所 埼玉県入間市毛呂山町葛貫 新しき村内
状態 1996年に、大きく改装。愛のある保存が、とても好感でした。
車両形式 7000形


車両7022号画像

武者野小路実篤が作った「新しき村」というのは、簡単にいうと自給自足の社会運動コミューンです。

この新しき村に昭和43年、新しき村仲よし幼稚園が開設され、その学習と遊戯の場として当時廃車された、この7022号が設置されました。
保存車両のすぐ上に住んでいるおばさんが、寄付したのだそうです。おばさんは、寄付した当時、東京都職員だったそうで、その関係で車両設置の話が決まったそうです。

設置当時は土の上に置かれました。月日が流れるとともに、部品が盗まれたり紛失し、雨や、土の上という悪条件に腐食が進み、ボロボロとなっていきました。

しかし、1996年にかつての幼稚園関係者が見るに見かねて修復費用の寄付をして、改装されました。

簡単な屋根を乗せ、コンクリートの土台に乗せ変え、内部も外装も塗り直されています。
ビューゲルという集電装置が、屋根の穴からピョンと出ていて面白いです。

オリジナルの塗装とは異なってしまっていますが、きちんと保存しようという姿勢がすばらしいです。



製造年 1954年
廃車年 1968年
製造所 近畿車両
公開 条件付き内部公開。車両の鍵は、村の美術館で保管。村の方にお願いして、内部見学可能。外部の見学も、村の人に断わってから見学しましょう。
屋根 簡易的な屋根が有
設置場所 コンクリートの土台 1996年の改装前は、土の上に直接設置。
台車
備考 オリジナルとは、異なる塗装になっておりますが、村の人は誠意をもって保存されています。

●都電トップページ  ●車両  ●架線柱  ●その他  ●ryodan.com